監修者紹介

ステラ薫子

幼少の頃より霊感に優れ、数々の怪奇現象を体験する。

その神秘体験の意味を説き明かすためにグノーシス主義からキリスト教神秘主義まで深く研究し、西洋占星学、タロットを独学で習得し、日本を代表する西洋占星学、タロット占いの第一人者となる。
その驚異的な的中率と依頼人の運命を好転へと導く的確なアドバイスには定評がある。
日本はもとより広く韓国など海外のメデイアからも注目を集めている。

韓国や日本で公開されたドラマ「魔王」で物語のキーとなるタロットカードもステラ薫子のタロットが使用されるなど、人気と注目が高まるきっかけとなる。
主な著書としては「婚期は12年に7回やってくる」や「One Oracle Tarot」(竹書房) などがある。

その他「女性自身」(光文社)、「GLOW」(宝島社)をはじめとする雑誌の連載、ウェブやモバイルのコンテンツ・サービスをはじめ、独自の占いロジックをシステム化したスマートフォンアプリや、オリジナル運気アップグッズの販売など幅広い活動を展開している。
国内外のパワースポットにも詳しく、自らも遠方まで足を運ぶことも多い。

2011年に悩みを抱える人たちに安心感と癒しを与えたいと、「ステラ薫子電話占い」をスタート。
近年では、プロを目指す人のためのタロット講座を開催したり、イベントへの占い師派遣するなど、占い師の育成、マネージメントにも力を入れている。
すべての人々の人生力をアップさせ、笑顔あふれる社会を作ることを使命としている。